メニュー
  
延滞中について
  
借りやすい借入先
  
即日借入
  
派遣でも借入できる
  
ハローワークの借入支援
  
借入時の必要書類
  
           
 
   

借入とはどういう手続きをしてどこをチェックされるのでしょうか

借入とは、金融機関でお金を借りることです。もちろん、何も持たないまま銀行や消費者金融に行っても、貸してくれるわけではありません。必要書類を提出して、審査に通って初めて借入ができるわけです。では、その必要書類とはどのようなものでしょうか。普通は本人確認と収入証明の書類です。本人確認は免許証や保険証、またはパスポートです。収入証明は、勤めている場合は給与明細、自営の場合は確定申告書です。もし給与明細がない場合は、給与振込口座の通帳を持参しましょう。また、印鑑証明などを持ってこさせるのは闇金の可能性が高いので利用してはいけません。闇金での借入とはかなりリスクが大きく、借りると後々面倒なことになります。申込用紙に所定事項を記入し、書類を添えて提出すると審査が始まります。普通は勤務先に連絡が入るのですが最近は自社で保障会社をたてて在籍確認無しだから借りやすい!と謳っているところが多いですね。消費者金融では大抵の場合OKですが、延滞を繰り返してブラックがついていたりすると、審査に落ちる可能性が高くなります。特に個人での借入とは、返済能力がないと融資をしてもらえませんので、収入とブラック情報とが2つの大きなチェックポイントとなります。

借入限度額とはどのように決められるものか解説

カードローンやキャッシングは借入限度額の範囲内で自由に利用できます。これは利用者の信用によって決められるものであり、この金額までなら貸しても貸し倒れが起きないと判断された金額が設定されます。そのため、利用実績のない新規契約時は基本的に低く設定されます。借入限度額は返済の遅延を起こさずに利用を続けることで引き上げることができますが、審査に通る必要があります。利用実績として認められるには新規契約時、または前回の引き上げから最低でも半年間は必要です。また、返済の仕方によってはこれよりも長い期間が必要になることもあります。借入限度額は申し込まなくても勝手に引き下げられることがあります。この要因として、まず返済の遅延を起こした場合に十分な返済能力がないとして引き下げられます。この場合、遅延を解消しても元に戻らないこともあります。また、転職や会社の業績悪化などで年収が下がってしまった場合もそれに合わせて引き下げられることがあります。

消費者金融より銀行の借入のほうが安心だというのは迷信

消費者金融よりも銀行の方が安心だと感じる人はたくさんいるようです。かつては消費者金融というと悪質な取り立てを行ったり、高い金利で貸し付けたりしていましたから、銀行の借入の方が安心だと考えるのも無理はありません。しかし、ここ最近では規制が厳しくなったことや取り締まりが厳しくなったことなどから、大手の消費者金融なら銀行と変わらなくなってきています。さらに、債務保証を理解すれば、銀行と消費者金融の借入は本質的に変わらないものだと胃ことが分かるでしょう。債務保証とは、簡単に言えば保証人になってくれることを指します。銀行から借りるときに、保証会社という会社が債務保証を行うのですが、もしも返済が遅れたときには、保証会社が代わりに銀行に返済してくれます。そしてその後は保証会社に返済していきます。ですから、実質的には保証会社から借入をしているのと同じようなものなのです。消費者金融が保証会社となっているケースも多く、それを考えれば銀行が安心だとは言い切れないでしょう。

複数の借入を一本化して、確実な返済計画を!

複数の借入があると、毎月の返済も複数になり、時間だけでなく手間もかかって大変です。更に、それぞれの返済金額も確認しなければなりません。つまり、複数の借入は「返済がしにくい」という「大きなデメリットそのもの」なのです。ならば、複数の借入を一本化して、毎月の返済は1回のみ、そして返済金額も同じにするだけで、非常に返済がしやすくなります。即ち、一本化することによって確実な返済計画を立てたことになります。また、複数の借入を一本化する時に、少しでも金利を安くできれば、より確実な返済計画になります。そして、複数の借入を一つにする時に「何回の返済で完済することになるのか」をしっかり確認しておけば、自分自身の目標にもなります。言い換えれば、しっかりした返済計画が無く、また返済しにくい状態であれば、毎月の返済の管理自体も困難なのです。従って、複数のローン等を一つにまとめて、より確実な返済計画を実行できるようにするべきなのです。

Copyright (C) 2015 借入とは何かを勉強する【借入討論会】 All rights reserved.
メガネ 選び方ノクターン PRLバストケアleafcheap